ニュースルーム

記事

2022年4月7日

デジタル上でのロジスティクスワークフローの管理

多くのサプライチェーンは、プロセスを合理化するための十分強固なデジタル対話ワークフローがなく、管理しきれないほど複雑になっています。この記事では、ロジスティクス事業者が、管理された質の高い顧客とのインタラクション体験を提供する方法を学びます。

ロジスティクスマネジメントとは?

ロジスティクスマネジメントは、サプライチェーンマネジメントのプロセスの中で重要な役割を担っています。商品やサービス、契約や支払いなどの関連情報を効率的かつ効果的に保管・流通させることを統括する役割を担っています。多くの可動部分からなる多面的なプロセスであるロジスティクスマネジメントは、いくつかの包括的な要素を含んでいます。

車両管理からジャストインタイム輸送まで、デジタルワークフローソリューションは、透明で高品質なサービス体験を可能にするために不可欠なツールです。また、より強靭なサプライチェーンを構築するためにも不可欠です。ロジスティクスとサプライチェーンのオペレーションを総合的に監視することで、組織は、脅威が広範囲に及ぶ前に、そのほとんどを特定し、軽減することができます。

最新のロジスティクスワークフローソリューションに求められるもの

多くの企業では、顧客層が多様化し、それぞれのニーズや優先順位が異なってきています。そのため、車両管理、倉庫管理、配送などの業務では、複数のベンダーと連携することが頻繁にあります。これらのワークフローは、デジタル変革の取り組みにおいて不可欠な役割を果たすよう、明確に定義する必要があります。繰り返し行われる業務は自動化することができ、またそうする必要があります。また、企業はすべての業務を大規模に管理するための単一ガラスを必要としています。

オールインワンのデジタルワークフローソリューションは、こうした業務を集約し、自動化する役割を担っています。ウェブやモバイルのコラボレーションハブを介してミッションクリティカルな情報やクライアントメッセージに瞬時にアクセスできる物流管理ポータルは、出荷予約プロセス全体をより速く、より効率的にする必要があります。例えば、新しいドライバー、サプライヤー、商品の追加などの日常業務を自動化することで、時間を節約し、ヒューマンエラーの可能性を大幅に減らすことができます。定型業務が自動化されれば、プロセスが改善され、効率性が向上します。

ジャストインタイムのサービスモデルは、物流組織がデジタル上で顧客の期待に応えるために、社内リソースを消耗することなくタイムリーなサービスを提供することを可能にします。ジャストインタイムサービスを可能にするシステムと自動化を構築することで、卓越したサービス体験を提供するために24時間365日のスタッフは必要ありません。  

モバイルアプリやウェブポータルからアクセスできるデジタルワークスペース・ハブにより、企業はより効率的に社内業務を管理し、サプライヤー、倉庫、最終顧客間の絶え間ない商品の流れを把握することができます。サプライヤーや顧客とのやり取りを一元管理することで、取引や顧客サービス業務を一元的に管理することができます。これにより、企業は常に信頼性の高いサービスを提供することができ、リスクを低減し、顧客ロイヤリティを高めることができます。

物流オペレーションを管理するためのオールインワンの顧客コラボレーションハブは、安全性への懸念を軽減し、不必要なリスクを排除する安全でプライベートなデジタルポータル体験を提供します。業務効率の向上とアカウント管理により、スタッフと顧客は常に情報を入手することができます。

また、総合的なサービスハブは、ビジネスの拡張や成長も容易にします。これらの可動部品をすべて整理された合理的なコラボレーション環境にまとめることで、社内チームの負担を軽減し、人と人とのやり取りが必要な事柄に集中する時間を確保することもできます。

エンドツーエンドの管理ハブは、ボトルネックを解消し、ワークフローの完全な可視性を維持することを可能にすることで、オペレーショナルリスクを低減します。デジタル署名、セキュアメッセージング、フリート管理、自動化されたワークフローを組み込んだソリューションにより、組織は顧客、ベンダー、パートナーを巻き込んで、今日のデジタル時代のジャストインタイムサービスを迅速に提供することができます。

Moxoの物流向けOneStop Client Interaction Hubは、クライアントの業務を効率化し、エンドツーエンドの管理を促進し、サプライチェーンをスムーズに稼働させることができます。詳細については、今すぐお問い合わせください。

Moxoについて
Moxoで顧客との対話ワークフローを近代化しましょう。今日のクライアントとのエンゲージメント活動は、断片化されたサイロの混沌から抜け出せず、手作業による多大な介入を必要としています。Moxoは、最新のデジタルオートメーションによってクライアントとのやり取りを管理するためのOneStop Client Hubを提供します。アカウントオンボーディング、アカウントサービシング、例外処理など、期限に追われるクライアントとのやり取りを合理化します。私たちのチームは、エンゲージメント分野におけるパイオニアとしての豊かな歴史を持っています。Moxoの共同創業者兼CEOのSubrah Iyarは、Webexの共同創業者兼CEOであり、Moxoの共同創業者兼CTOのStanley Huangは、Cisco SystemsおよびWebExで上級エンジニアリング管理職を歴任しています。